ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

ミュウとシャケは眼力で目的を果たす

ミュウとシャケがまっすぐ僕を見るとき、それはほぼ間違いなくなにかをおねだりしているサインである。

僕は、そんな風に見つめられると弱い。蛇に睨まれた蛙っていうの?

”わかった、わかった”なんつって、かつ節などをあげてしまう。

いかんとはわかっている。わかっているけど、見つめられると駄目である。

無垢な目には弱い。

f:id:ttyymsk2016:20170112201731j:image

 そんな時、眼力って凄いと思う。猫とはいえども侮れない。

ミュウとシャケは当然言葉を発することはないが、じっと僕を見つめるだけでいろんなことを伝えてくる。

もう僕なんかは、そのバイブスをビビッと受け止めて、”わかった、わかった”(以下略)となるのである。

 

これが人間の場合、どうだろうか。

あんまりじっと他人を見つめると、”キモっ!”もしくは、”なに見てんだ、ゴラー!”となることが予想される。

つまり、いらぬ誤解を招く恐れがあるので、その行動にはそれなりの思慮が必要である。

しかし、それは赤の他人の場合であって、知人同士の場合、それはアイ・コンタクトとなり、お互いの関係性によって様々な意味を持ってくるだろう。それは素晴らしいことだと思う。

 

などと書いてきて気付いたが、僕はヒトの目を見るのが苦手だ。つい目を逸らしてしまう。

それって、自分の気持ちを隠そうとしているのかもしれない。まったく、気の弱い男である。これからはミュウとシャケを見習って、きちんと相手の目を見よう。

ミュウとシャケの目は、とてもきれいだ。

セブンネット
プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016 はてなブログPro

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村