ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

ミュウとシャケの爪切り

ミュウとシャケの爪切りは僕の仕事である。

といっても僕ひとりではできない。

なぜならミュウもシャケも爪切りが嫌いだからである。なので、妻が抱っこして僕が切るという役割分担をしている。つまり、妻は逃げないように捕まえているわけだ。

妻は、ミュウが胡座をかくような格好で膝に乗せ、ミュウの手を前に差し出す。

この時のミュウは、電子レンジで加熱されてでれーってなっている餅から手が生えているようである。

f:id:ttyymsk2016:20170118123238j:image

 この時点でミュウは爪を切られることがわかっていて、”嫌なんだけど、マジで。”などとぶつぶつ文句を言いながら顔を背け、ふてくされている。

そんなことをいっても、爪を切らないと、ミュウもあちこちに爪を引っ掛けたりして危ないので、爪を切るためにミュウの手をそっと掴む。

ミュウは手をサッと引っ込める。

その手を僕はまた掴む。

ミュウはまた手を引っ込める。

餅から手が出たり引っ込んだりしているようでちょっと面白いし、かわいい。

ってなことを何回か繰り返してミュウの力を確認した後、引っ込められないくらいの握力で手を掴んで、ミュウの肉球の先っぽのところをキュッと摘むと、爪がにゅっと出てくるので、それを切る。

ミュウは一旦切られはじめると、すぐに諦めておとなしくなる。

 

シャケもミュウと同じく爪切りが嫌いである。

そしてミュウ同様、妻の膝に乗せられて、手を出している。

阿保のような顔をして抱っこされて手を前に出しているが、その目つきからは逃げるチャンスを窺っていることが読み取れる。油断できないやつである。

 

この爪切りが終わったら、僕はまた単身赴任先に戻るため駅に向かう。

2匹の爪がそれほど伸びないうちにまた帰ってきたいと思いながら、僕は爪を切っている。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村