ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

猫の表情と感情

人間には表情というものがある。そして、表情にはその人の感情、つまり喜怒哀楽が表れている。

翻って、ミュウやシャケがニヤリと笑ったりしたらちょっとこわいと思う。

つまり、猫は、人間のような表情は持っていないということである。

では、猫は、いつも無表情でなにを考えているのかさっぱりわかないのか、というとそんなことはなく、ちゃんとわかってしまうからおもしろい。

f:id:ttyymsk2016:20170205124641j:image

 ミュウは写真を撮られることが好きではない。

どうしてそんなことが僕にわかるのか、ミュウがそんな顔をするからである。その時、当然ミュウが言葉を話すわけではないが、”写真撮るのやめてよ”という声が僕には聞こえる。

 

シャケは、夜、僕が部屋で読書をしていると、部屋に入ってきて僕の膝に乗って眠りだすことがよくある。部屋に入ってくる時、シャケは、”今日も失礼します”と言って入ってくる。

これも当たり前だが、言葉を発しているわけではない。でも僕にははっきり聞こえる。

時々、”読書中に申し訳ありません、わたしのことは気にせず読書をお続けください”となどと言うこともある。

なぜシャケがそんなことを言っているということがわかるのか、そんな顔をしているからだ。

猫のそんな表情を、具体的に説明することは難しい。でも僕にはわかる。

 

ミュウやシャケは、人間のような表情は持っていないが、”満足している”、”眠い”、”甘えたい”、”おなか減った”、なんて感情を不思議なパワーで伝えてくる。

そんなコミュニケーションっておもしろいと思う。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016 はてなブログPro

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村