読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

ミュウとシャケにストーキング?

cat cats ねこ シャケ スコティッシュ スコティッシュフォールド ネコ ミュウ 立ち耳

以前、ミュウとシャケの気持ちがわかる、という内容の記事を書いたが、その後、なんとなく気持ち悪い思いをしていた。

本当にわかっているのか、と。わかっているつもりで、実は、ミュウとシャケはまったく違うことを思っているのではないか、と思い始めたからである。

myuandshake.hatenablog.com

f:id:ttyymsk2016:20170207194335j:image

僕が帰宅すると、ミュウは玄関までタタタタっと駆け寄ってくる。僕はその姿を見て、ミュウは僕が帰宅したことが嬉しいんだろうと考える。つまり、ミュウは僕のことが好きなんだ、と考えるわけである。 だって嬉しそうなんだもん。

 

僕は脳内で、ミュウが言っているであろうセリフを想像する。

”おかえり〜、久しぶり、待ってたよ〜”、こう言っているはずである。いや、言っている!

しかし、ほんとうにそう思っているのだろうか、違うかもしれない。

”さっさとかつ節を皿に出せや〜!”と思っているかもしれないではないか。

そうだったら僕は悲しい。クスン。

 

たとえば、好意を抱いている異性がいたとして、その人と会話をしている。その時、相手のちょっとしたほんとに些細な目配せや仕草を持ってして、”自分に好意を持っている”と判断しているようなものではないのか。これって、第三者からしたら、ただの思い込みである。そんなやつって、マジうぜー。

つまり、ストーキングってこんなところからが始まるんじゃないか、ってことを言いたいのである。

 

でも、あれだけ僕にスリスリしてくるわけだから、ミュウやシャケも僕に好意を持ってくれているはずだ。だから断じてストーキングではない!

 

って、この思考が危ないのだろうか。

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村