ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

最終的には思うツボ

ミュウとシャケは、僕にエサやおやつをおねだりする。

ミュウはお腹が空くと、そばに寄ってきて黙って僕の顔をじーっと見つめる。

それで僕は、”ああ、お腹が空いたんだな”とわかる。

シャケの場合は、にゃーにゃー鳴いてアピールする。

f:id:ttyymsk2016:20170216122529j:image

 もうひとつの違いは、それぞれの目線である。

ミュウは足元で僕の顔を見つめているので、つまり、僕を見上げている格好になる。

しかしシャケは、僕の目線の高さに来て視界に入ろうと頑張っている。

僕の部屋には小さな冷蔵庫があるのだが、僕が部屋で着替えなんかをしていると、シャケは冷蔵庫の上にぴょんと飛び乗って僕の顔を見ながらにゃーにゃー鳴く。

シャワーから出ると、タオルなどを収納している小さなタンスに乗って、僕を出迎える。これはなかなか訴求力がある。

 

しかし、ミュウも僕の足元でじっとしているわではない。

僕の脛に体を擦り付けて、そのままズルっとすべり、足の甲の上で仰向けになってクネクネするなどして見つめている。

結局どちらもかわいいのである。

 

そして僕はミュウとシャケの要求通り、なんやかやと食べさせてしまう。

まさに思うツボであることは承知している。

でもまあいいじゃないか、僕はそう思う。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村