読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

忘れがちだけど猫には牙がある

cat cats ねこ シャケ スコティッシュフォールド スコティッシュ ネコ ミュウ 立ち耳

猫の鼻の下にプクっとしたところがあって、そこがかわいい。

で、その下に口がある。

んで、口の中には牙がある。

小さいけど牙がある。

つい忘れがちだけど、確実に牙があるのである。

f:id:ttyymsk2016:20170305125208j:image

 ミュウが僕に向かってまっすぐ歩いてきて横に座った。

喉をごろごろ鳴らしているから、なにか食べ物をねだっているということがわかるが、僕はとりあえずミュウの頭を撫でる。

するとミュウは頭を僕の手にこすりつけてきたりして、”かわいい〜、そして気持ちいい〜”などと思いながら、しばらく撫でていると、ミュウが僕の手をカプっと噛んだ。

”痛い!”

そう、結構痛いのである。

そして、"誰が頭を撫でてくれと言っているのか、この馬鹿者が!"とミュウが言い、僕はそこで初めて、ミュウに牙があったことを思い出すのである。

 

シャケがあけすけな格好で寝ている。

完全な阿保面である。かわいい。

その阿保面をよく見てみると、牙がチョロっとのぞいている。かわいい。

そう、当たり前であるが、シャケにも牙があるのである。

 

猫はかわいい、愛くるしい。だからむやみに撫でたり抱っこしたりしたくなるし、実際するのであるが、忘れてはいけない。

猫には、小さいが牙があるのだ、ということを。そして、なにかあれば牙をむく時があるかもしれない、ということを。

でも僕は、猫のかわいい顔とその奥に隠されている牙、というアンバランスがたまらなく可愛いと思うし好きである。

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村