読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

猫の必要最小限のボキャブラリーに負けているような気がする

猫が僕たちに何かを伝えようとする時、ボディランゲージという方法以外では、鳴くということをする。

そして鳴き声の種類って、ニャー、ナー、シャー!、フー!とか、あとたまに犬のように、オウーンなんて声を出す時もある。

あとは、これらの声にビブラートをかけてみたり、高低や強弱をつけたりすることでコミュニケーションを図ろうとしているわけであるが、ミュウとシャケの本意は一旦置いておくとして、僕はなんとなく彼らの意思を理解していると思っている。

つまりミュウとシャケは、これだけのボキャブラリーで、充分何かを伝えることができていて、僕はそれがすごいなぁ、って思ったのだった。

f:id:ttyymsk2016:20170402110042j:image

 僕はこうやって、ほぼ毎日のように何かを書いているが、いつも自分のボキャブラリーの無さを恨み、情けないと感じている。

自分の思っていることを文章にしようとしているのだが、適切な言葉が出てこない、なんてことがしょっちゅうで、トホホな気持ちになるのである。

 

ボキャのキャパがプアーでトホホなのである。

ボキャのキャパがリッチでヤッホーになりたい。

こんなことを書いているようではまだまだなれそうにない。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村