ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

顔の形状とか大小とかサングラスとか

ミュウの顔は丸い。そして、ほっぺのあたりがモフモフしているから、ついそのあたりを撫でてしまう。

そういう丸い形状の顔って、一般的に愛嬌があるという印象を与えるような気がするのであるが、なにしろミュウは眼つきが悪い。

だから、僕がミュウを撫でている時に、ミュウが僕を見るその目は、”やめてもらえませんかね、ったく。”と言っているような気がする。

つーことで、ミュウはいつも不機嫌そうに見えるが、僕たちにとってはそれもなんか可愛くて、”ミュウのあの顔、ははは”などと言って笑っているが、そんな時もミュウは相変わらずムスっとしている。

f:id:ttyymsk2016:20170623103629j:image

 シャケの顔は流線型である。ミュウに比べてシュッとしている。しかし、シャケの目はクリっとしているから、なんか愛嬌がある。そして、口のまわりに模様があるのがまた愛嬌を増幅させているようにも思う。

シャケの場合はミュウとは違って、いつも頭を撫でている。

なんか、頭をうしろにナデナデしたくなってしまう。頭をうしろに撫でることで、シャケの顔の形状がさらに流線型になるのがおもしろいからである。

 

それぞれの顔の形状によって、撫でたい、と思う場所が違ってくるのはなぜなのか、などとどうでもいいことを考えている。

 

先日、妻が新しいサングラスが欲しい、と言うので、一緒に買い物に出かけた。

妻はそれまで使っていたサングラスのレンズでは、太陽光が眩しいので新しいやつが欲しい、ということである。

ではさっそく見に行ってみようってなって、その車中、僕が愛用しているアメリカン・オプティカルのサングラスをグローブボックスから取出し、妻に、”こんな感じのレンズはどう?”などと言って手渡すと、妻がそのサングラスをかけてみていきなり言った。

”顔のどこにも引っ掛からない。”

 

僕は顔が大きい。なので、サングラスも大きいものをチョイスしている。

そのサングラスを妻が着用すると、鼻あてやつるがまったく顔に触れない、ということを言ったようである。

”いくら僕の顔が大きいからって、それは言い過ぎじゃね?”、と思って助手席の妻を見てみると、実際まったく引っ掛かっていなかった。

うーん。

 

 

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村