ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

猫と場所の取り合い

僕が3人掛けのソファの端っこに座っていると、僕のすぐ横の肘置きにミュウが飛び乗ってきてそのまま眠りだした。

”ミュウは僕のそばにいたいんだなぁ、かわいいやつめ”、僕はそう思ったのである。

その時の僕は、通りがかりのまったく見知らぬおっさんから急にディープパープルのハイウェイスターをハイテンションで歌えと言われたら素直に歌うんじゃないかというような穏やかな気持ちであった。

僕はその穏やかな気持ちのままソファで読書を続けたが、コーヒーが飲みたくなったので、コーヒーを淹れるためにソファを離れたのだった。

 f:id:ttyymsk2016:20170813103641j:image

 そして僕がコーヒーを持ってソファに戻ると、肘置きに寝そべっていたはずのミュウが僕が座っていた座面で寝ていた。

そこで僕はミュウの気持ちを悟ったのである。

 

 つまり、ミュウは、僕のそばにいたいから肘置きで寝ていたわけではなく、僕が座っているところで寝たい、邪魔だ、だから早くそこをどけ、ということだったわけである。

 

しょうがないので、僕はミュウが寝ている反対側の端っこに座って読書を続けた。

しばらくすると、ミュウがソファから降りて水を飲みに行ったので、僕はすかさずミュウが寝ていた場所、つまりもともと僕が座っていた場所に移動した。

 

なんだか、自分自身がとてもくだらない人間に思えたある日の休日であった。

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村