シャケとクー(とミュウ)のぬくぬく日記

仲良く喧嘩するシャケとクー(とミュウ)の日記

スポンサードリンク

思いが伝わらないもどかしさ

時々、シャケが、なにかを訴えかけるように鳴くことがある。

そんな時、僕は、シャケの首の後ろを撫でてやったりする。そうすると、その間、シャケは気持ち良さそうにじっとしているのだが、撫でるのを止めると、再び訴えかけるように鳴きだす。

僕にもわかっているが、そんな時のシャケは、別に首の後ろを撫でてほしいわけではなく、別のなにかを要求しているのだが、それは僕にはわからない。

シャケがなにかを訴えかけようとしているのだが、その思いは僕には伝わらない。

それが、僕はもどかしいと感じる。

f:id:ttyymsk2016:20190509110628j:plain

 このように、思いが伝わらないというのは、これが猫と人間だからという理由だけではないように思う。

人間どうしのコミュニケーションであっても、お互いの言葉が響かない、などということはよくあることである。

また、僕の場合でいえば、自分の思考をうまく言葉にできない、ということがある。

つまり、自分の考えを的確に表現できないのである。

だから、会社の会議などにおける僕の発言は、出席者からしたら、『なに言ってんだ、こいつ』でしかないのではないだろうか。

思いが伝わらないのは、発信者にとっても受信者にとっても不幸であるなあ、と思う。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、シャケ(ミックス)、クー(長足マンチカン)そして故ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)の日記
そして僕の近況報告

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村