ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

下にものを落とす猫

僕が食事の時に使っている箸置きがあって、食後の片づけの後、その箸置きだけがテーブルに残されていることがあり、シャケがその箸置きを前脚でちょいちょいと動かしているのを見たことが数度あった。

シャケはテーブルの上のものなどを同じように前脚でちょいちょいとやって、下に落とすのが好きなようである。

んで、下に落としたものをしばらく眺めたあとは、もうなんの興味もなくしたのか、”なにもしてませんけど”、などと言い訳がましいことを言って、どこかに行ってしまう。

f:id:ttyymsk2016:20170506171907j:image

続きを読む

ものの上に乗る猫

iphoneのカメラロールの写真は、ほとんど猫、つまりミュウとシャケである。

それらの写真を見ていてあることに気が付いた。

ミュウとシャケがものの上に乗っていることが多い、ということである。

それも無理やり。

なぜ、ミュウとシャケは、そうまでしてもののうえに乗るのだろうか。

f:id:ttyymsk2016:20170503090424j:image

続きを読む

猫はミニマリスト

猫はなにも持たない。

いわゆるミニマリストと言って良いと思う。

僕のブログの読者になってくださっている方の中にもミニマリストはいらっしゃって、記事を拝読しているが、皆さん、必要最小限のもので生活をされている。

いかにモノをなくしていくかに留意されているのである。

ミニマル - Wikipedia

 f:id:ttyymsk2016:20170426072843j:image

続きを読む

猫アレルギーだけど猫を飼っている

僕の妻は猫派で、ずいぶん前から猫を飼いたがっていた。

では、なぜ飼わなかったのか。それは、飼えなかったからである。

なぜか。我が家の娘、次女と三女が猫アレルギーだからである。

f:id:ttyymsk2016:20170424220929j:image

続きを読む

猫と表情

表情というものは大事なものだ、と思った。

なぜなら、表情によって相手に対する印象などが変わってくるからであり、もしかしたらそれだけで、得をしたり、損をしたりしているのかもしれない。

具体的には、シャケが近くにいると、ついこちらから無闇に頭をなでたり、顎の下をなでたり、ちょっと抱っこしてみたりしたくなる。つまり、ちょっかいをだしたくなるのである。

これはなぜか、と考えてみると、シャケは表情豊かであり、なんか考えていることがわかるような気がする、ってことは親近感を感じるってことのような気がしている。

わかりやすく言えば、”なんかしらんけど、かわいいやつ”という印象を周囲に与えているのであり、シャケと接する機会が少ない長女や次女が短期間滞在しただけで、シャケにデレデレになってしまうのも、そんなわかりやすい表情などにあるように思う。

f:id:ttyymsk2016:20170424123644j:image

続きを読む

家族とはなんなのか、猫を見て考えた

先日のブログで、他者を愛することが苦手である、ってことを書いたのであるが、それを読んだ妻が、”では、私のことはどうなのか”と問いかけてきた。

myuandshake.hatenablog.com

そこで僕は家族とはなんなのか、少し考えた。

f:id:ttyymsk2016:20170421071631j:image

続きを読む

愛の塊

他者を愛する、ということがどうもうまくできない。困ったことである。

ここで言う他者とは、よくよく考えてみると、人間に限られているような気がするので、端的に言うと、僕は人嫌い、ってことなのかもしれない。

 

さらに考える。

ではなぜ僕は人嫌いなのか、と。

たぶんひとりっ子だからかなぁ、などと、あんまり面白くもおかしくもない結論めいたものをぼんやりと導きだしたのであるが、それは置いといて(置いとくんかい!)、やっぱり、愛は素晴らしいと思うのである。

f:id:ttyymsk2016:20170419072723j:image

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村