シャケとクー(とミュウ)のぬくぬく日記

仲良く喧嘩するシャケとクー(とミュウ)の日記

スポンサードリンク

シャケの受難

シャケがうちに来た当時、やたらとミュウにからんでいっては威嚇されるということを繰り返していたが、今はクーがシャケにやたらとからんでいって威嚇されている。

ミュウの場合、どれだけシャケがからんでいっても自身のテリトリーはけっして譲らなかったのに対し、シャケはクーから徐々にテリトリーを侵害されていっているように見える。

そのうえ、たぶんクーから染されたと思われるのだが、目ヤニが大量に出て、最初は片目だったのが両目ともになり、それにつれて食欲もだんだんなくなってきて、とうとうまったくなにも食べなくなってしまった。

f:id:ttyymsk2016:20211014110533j:plain

続きを読む

59歳の転職活動 Part17

myuandshake.hatenablog.com本命は落とされるわ、一度不採用だったところに面接に行ったはいいが音沙汰なしという状況です。音沙汰なしに対しては、その企業というより、間に入っている人材紹介会社の怠慢であると思っていますが、もういまさらどうでもいいわ!という心境です。

ということで、今はひたすら転職サイトとハローワーク経由で応募しておりますが、ことごとく書類選考で落とされています。これだけ落とされると、さすがにメンタルにも影響が出ているようで、自分ではまだ大丈夫と思っているのですが、時々来訪する娘たちは、お父さん大丈夫?などと妻に言っているようです。知らず知らずのうちに、メンタルが表面に表れているようです。娘たちよ、心配かけてすまん。

f:id:ttyymsk2016:20210901202117j:plain

続きを読む

59歳の転職活動 Part16

myuandshake.hatenablog.comタイトルはPart16で間違いないだろうか。もうそのあたりすらいい加減(良い塩梅)で進めていきたい気分になってきた転職活動です。

転職活動を始めた2021年4月当初同業他社の求人がありリクルーターの推薦を受け応募したもののけっきょくNGだった企業がいまだに求人しており別のリクルーターからこんなのがありますけどと勧められて以前ここはNGだったんですけどと伝えたにもかかわらずなぜか今回面接を受けることになり面接に行ってきた。(息継ぎなし)

面接と書いてしまったが、実は事前にリクルーターと確認したところ、今回は面接ではなく仕事内容の詳細を確認する場であるとのことだったので、私自身は面接ではないという認識だった。

f:id:ttyymsk2016:20210824204854j:plain

続きを読む

クー3日目

myuandshake.hatenablog.com2日目の夜、クーは僕のベッドで眠った。そして、猫あるあるだと思うけど、猫と一緒だと人は眠れない。

そんな寝不足の3日目。

シャケが少しづつクーに興味を持ちはじめたようで、クーに接近していくし、クーもそれに対して威嚇することなく、じっとしている。どうやらお互いの存在を認め出したようだ。

おもしろいのは、シャケのほうからクーに接近していったのに、クーがそれに反応してシャケのニオイを嗅ぐような仕草をすると、シャケが慌てて距離をとることだ。若い女性とどう接したらいいかわからないおっさんのようだ。

f:id:ttyymsk2016:20210820101415j:plain

続きを読む

クー2日目

 

myuandshake.hatenablog.com

1日目はシャケがクーに対して威嚇をするので、クーは少し怯えている様子だった。なので、シャケとクーを部屋を分けて一晩過ごしたのだが、一夜明けて部屋分けをちょっとやめてみるとクーはシャケをそれほど警戒しているわけでもなさそうで、部屋の中を興味深そうに歩き回っている。そんなクーにちょっと興味を惹かれたのか、シャケがクーに近づくと、なんとクーがシャケに対して威嚇をした。シャケはかなり驚いたようで、更に猫背になってクーから離れていき、二匹の溝はなかなか埋まらない。

f:id:ttyymsk2016:20210819145345j:plain

続きを読む

クー1日目

ミュウがいなくなってから、僕たち家族はもちろんだけど、シャケの落ち込みは見ていてかわいそうなくらいだった。ミュウを探しているのか、家の中をニャーニャー鳴きながら歩き回るし、僕たちに対する甘え方はそれまで経験したことがないくらいで、とにかく撫で続けてあげないと落ち着かないような状態だった。

シャケはミュウに対してとても甘えていたが、ミュウはシャケに対しては一貫して無視していたように思っていたけど、ミュウのそういう接し方がシャケにとっては心地よく、安心して甘えられる存在で、そしてシャケにはそんな相棒が必要なのかもしれないと思うようになっていった。

f:id:ttyymsk2016:20210818103922j:plain

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村