ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

シャケの人心掌握術

シャケには不思議な魅力があるのか、一度シャケに会った人は、また会いたい、と思うようだ。

以前、次女が静岡から帰省し、数日間、我が家に滞在後、再び静岡に戻った後、”シャケに会いたい。”と泣きながら言ってきた。という話を妻から聞いたことがあった。(マジで泣いていたらしい。)

”まったく大袈裟なやつ。”などと僕は思っていたのだが、先日、東京から帰省し、数日、我が家で過ごした長女が、東京に帰った後、”シャケが可愛すぎるから郵送してほしい。”という内容をinstagramにupしていた。

こうなってくると、次女や長女が大袈裟なわけではなく、シャケには、人の心を掴む能力があるのではないか、と考えざるを得ない。

つまり、シャケは、人心掌握術を心得ているということである。

f:id:ttyymsk2016:20180911102745j:image

続きを読む

職場のエアコンが壊れている。

職場のエアコンが壊れて3日が経過した。

窓を開け、扇風機を回しているが、そんなことで暑さ(と湿度)は解消しない。

暑さ(と湿度)のせいで(ということにしておくが)、まったく仕事に集中できない。

f:id:ttyymsk2016:20180824092416j:image

続きを読む

ペットの名前(名は体を表す)

名は体を表す、なんつうくらいであるから、なにかに名前をつける際は慎重になったほうがいいのかな、などと思う。

そこで、うちの猫の名前であるが、ミュウとシャケである。ミュウの場合は、ミウと表記しても差し支えないし、さらに美羽とか美雨などと表記すると、女性の名前にしてもおかしくないような一般的な名前といえると思う。しかし、ミュウは、うちに来る前はモーちゃんと呼ばれており、うちに来た当初はワカメという名前だった。で、結局、ミュウに落ち着いたわけだが、ミュウはミュウ以外はありえなくなっている。

片やもう一方は、シャケである。鮭である。魚である。三女が捨てられているシャケを初めて見たときに、”シャケ!”と呼んだことから、シャケはシャケになったのである。シャケは最初からシャケであり、いまやすっかりシャケであり、ミュウ同様、シャケ以外の何者でもなくなっている。つまり、どちらも名は体を表しているということになり、この言葉はあながち間違いではないようである。

myuandshake.hatenablog.com

f:id:ttyymsk2016:20180820110904j:image

続きを読む

ミュウが教えてくれたこと

思い込みが激しい人を見ると、”ダッセー!”などと思っていた。この世には無数の価値観があるにも関わらず、それらに気付いているのかいないのか知らないが、そういったものに一切目を向けようとせず、これまで、どれほど多くの経験を積んできたのかも知らないが、自分の価値観というものを(なんの根拠があるのかは不明だが)盲目的に信じ込んで、自分の価値観に沿わないことには批判的な態度で傲然としている、そんな人を見て、”ダッセー!”などと思っていたのである。そして、僕はそんな厚顔無恥でダサい人間にはなりたくない!と思い、そうならないように気をつけて生きてきた。つもりだった。

f:id:ttyymsk2016:20180816161609j:image

続きを読む

シャケの退院

今年の夏は暑い。これほど暑いと、午後には大気が不安定になって夕立が降ったりするが、その降り方が豪快というかバカというか、稲光に雷鳴、そして落雷、雨は南国のスコールのようである。臆病なシャケは、そんな突然の夕立や雷鳴にも恐怖を感じるのか、家の中で身を隠す場所を探して体勢を低くしてあっちに行ったりこっちに来たりするのである。

そんな臆病なシャケが、歯周病の状態をチェックするために動物病院に行かなくてはならくなった。動物病院に連れていくには、シャケをキャリーに入れる必要がある。キャリーをシャケの前に置いて、”これから動物病院に行くからこれに入ってくんない?”、つって、”あっ、いっすよ!”、ピョン!(自らキャリーに入った音)”じゃ、行きますかぁ。”などと事が運べば良いがそんなに都合よく行くわけがない。なぜなら、シャケは臆病であり、家の外に出ることを極度に恐れているからで、更にその外出先が、素性のわからない犬などが無闇にワンワンキャンキャン鳴いている動物病院となれば何をかいわんや、であり、更に悪いことに、シャケの中で、『キャリー=動物病院』という図式ができているようで、もう、キャリーを見ただけで、僕たちでさえ知らない、どこか奥深い場所に潜伏してしまって、もう見つけることはできないのである。

なので、僕たちが立てた作戦は、まず、妻がシャケを抱っこしておいて、そこに僕がキャリーを持っていき、強引にキャリーにシャケを押し込む。という方法で、まあ、僕がちょっと引っかかれたりはしたもののなんとか作戦成功。シャケを動物病院に連れていったのである。しかし、妻がシャケを抱っこし、僕が、キャリーが収納されているクローゼットに移動し始めた時点で、”ヤバイ!”とシャケが危険を察知し、逃げ出そうとした。野生の本能ってすげー。

f:id:ttyymsk2016:20180814111729j:image

退院後、リビングでくつろぐシャケ

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村