ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

加齢と老化は違う(腕立て伏せをやってみて)

徒歩通勤を始めて2ヶ月程度が経過したが、なぜか体型はすっきりしないままである。

なので、『久しぶりに腕立て伏せでもやってみるか。』などと思い、腕立て伏せの体勢をとってみると、それだけで腕がぷるぷるし始めて、小さく『うおー』なんて叫んでしまった。

f:id:ttyymsk2016:20190409150738j:plain

続きを読む

コストコでどら焼きペットベッド

 先日、コストコに行った際に衝動買いした『どら焼きペットベッド(DORAYAKI PETBED』。

猫たちが、なかなか入ってくれないのでマタタビパウダーなどを中に撒いてみたが、それでも入ってくれない。

シャケは、なんとなく気にはなっていて、中を覗きこんだりしているが、ミュウの方はまったくの無関心である。

f:id:ttyymsk2016:20190401091900j:plain

続きを読む

徒歩通勤時の関門(ダイエットは成功するのか)

最近、徒歩通勤を始めた。

目的はダイエットである。

片道約4kmを50分程度、iPod(iPhoneではない)で音楽を聴きながら歩いている。

早朝の冷たくきれいな空気の中を歩くのはなかなか気持ちがいい。

しかし、問題は帰途である。

そこには、関門があったのである。

f:id:ttyymsk2016:20190206090828j:plain

続きを読む

不眠とラジオと猫

眠れない日がずいぶん長く続いている。

そんな時はラジオを聴いている。

正確に言うと、録音されたラジオの音源を聴いている。

僕がラジオを聴き始めたのは、約8年ほど前からで(それ以前の1973年くらいから数年間はラジオ(特に深夜放送)をよく聴いていた)、それはつまり、僕の単身赴任生活とほぼリンクする。

よく聴く放送局はTBSラジオで(僕は九州在住だが、なぜかradikoはエリアを関東だと認識している)、数あるTBSラジオのプログラムの中で、最もお気に入りだったのが、菊地成孔氏の粋な夜電波だった。

f:id:ttyymsk2016:20190109161128j:plain

f:id:ttyymsk2016:20190109161206j:plain 続きを読む

(孫と猫に)真顔で見られるということ

ニコニコ笑って横になっている孫を娘や妻が見ているので、僕も覗き込んでみる。すると、いままで笑っていた孫の表情がすっと真顔になった。それでも、そのまま見続けていると、眉間に皺がより口がへの字になってくる。

つまり、せっかく好きな人たちに囲まれて機嫌良く笑っていたのに、視界になんか見慣れないむさ苦しいおっさんが現れたからなんかムカつく。泣こうかな。という気持ちが表情に現れたわけである。

泣かれるとイヤなので、僕はその場を離れて、孫の視界に入らない少し離れたところに移動する。孫はなんとか泣くのは堪えたようだ。

f:id:ttyymsk2016:20181130104521j:plain

続きを読む

猫の性格は伝染する?

シャケが子猫だった頃は、よく膝に乗ってきたりしていたが、成長するにつれて、あまりそういうことをしなくなった。

それって、もしかしたら、ミュウの性格が伝染したんじゃない?ミュウの孤高感は子猫時代から一貫してブレてないから。とそんなことを考えた。というのも、先日、妻と御朱印をもらいに行った際に出会った猫たちを見て、そう思ったからである。

f:id:ttyymsk2016:20181120124120j:plain

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村