ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

猫とお出迎え

僕が福岡に帰っている時は妻と一緒に出かけることが多い。

出かけるといっても買い物などに行っているだけなのだが、数時間は家を空けることになり、娘も仕事などでだいたい留守にしているので、そんな時はミュウとシャケが留守番をしていることになる。

そして僕たちが帰宅すると、ミュウは必ず僕たちを出迎えるように玄関まですたすたと軽い足取りでお腹の肉を揺らせながら歩いてくるのである。

それまではきっとどこかで寝ていたのだろうと思われるが、ミュウは必ず出迎えてくれる。そして、そんなミュウの頭を撫でるなどしていると、どこから出てきたのか、シャケもすぐそばに座っていたりする。

”僕たちが帰宅するのを待っていたんだなあ”、僕はそんなことを思って、とても優しい気持ちになるのである。

f:id:ttyymsk2016:20171211231112j:image

続きを読む

猫と冬

”雪やあられが降ると猫は炬燵で丸くなる”、という歌があるが、我が家には炬燵がない。

炬燵はないが冬は寒い。

先述の歌にあるように、猫は炬燵で丸くなるほど寒さが苦手であり、それはミュウとシャケにおいても同様である。

だから、ミュウとシャケはいつも居間の電気ストーブの前で丸くなっている。

特にシャケは寒さが苦手のようで、ほんとにストーブのすぐ前を陣取っていて、昨冬はその距離の近さから髭を焦がしていたほどである。

”そんなにストーブの近くで寝ていたら暖かいというより熱いのではないか”と心配するくらいの距離感である。

今冬もそんなシャケの寒さ嫌いは変わらないようで、いつもストーブの前でごろごろしている。

f:id:ttyymsk2016:20171206160200j:image

続きを読む

猫とハラスメント

ミュウが気持ち良さそうに眠っているところにシャケが近づき、うなじの辺りをペロペロと舐めはじめる。

”シャケのミュウに対する愛情表現なんだろうな、微笑ましいな”、なんてことを思いながら見ていると、ちょっと様子が変わってくる。

ミュウが寝そべったままシャケに猫パンチを喰らわせはじめる。どうやらミュウは、シャケに舐められるのがあまり好きではないようである。

そうこうするうちに、ミュウとシャケは猫パンチの応酬となり、ミュウがシャケを、シャー!などと威嚇したりするのである。

そもそもの喧嘩の発端は、シャケのミュウへの愛情表現から始まり、それが最終的に喧嘩にまで発展したわけで、シャケにその気がないことは明白であるが、これは結果的にハラスメントになっているのではないか、僕はそう思ったのである。

f:id:ttyymsk2016:20171130124817j:image

続きを読む

猫と嘘つき

思えば僕はこれまでいろんな嘘をついてきたなあと思う。

僕が子供のころは、嘘つきは泥棒の始まりである、などと言われていたが、当然それを100%信じていたわけでもないので、適度な嘘を時々つくなどしてきたような気がする。

まあ僕がついてきた嘘なんてものは、”僕の遅刻は家を出る時に急に腹痛に襲われたことによって引き起こされたものである”とか”昨日の夜UFOを目撃した”みたいなものばかりであり、そんなに人に迷惑はかけていないと思われるようなものばかりだが、嘘をつくのにはそれなりの理由というものがあるように思う。

例えば僕がついてきた嘘の理由とは、簡単に言うと『言い訳』とか『自己顕示欲』などである(くだらない)。

そんなくだらないことであっても、嘘をつくということの裏側にはそれなりの理由があるようである。

 f:id:ttyymsk2016:20171128124533j:image

続きを読む

猫と行ったり来たり

シャケと一緒にシャケボールで遊ぶ時、廊下の南北を僕とシャケ交互に行ったり来たりしている。

南から北に投げたシャケボールをシャケが追いかけ、北から南に投げたシャケボールをシャケが追いかける。そんなことをひたすら繰り返しているのである。

つまり、廊下の南北に分かれた僕とシャケが行ったり来たりしているのであり、廊下の真ん中ですれ違う時、僕はシャケの頭を撫でる。

 

なんか南北の廊下などという表現をすると、時代劇に出てくる広大な屋敷の廊下のようなものを想像される方がいるかもしれないが、もちろんそんな長い廊下であるはずはなく、驚くほど短い廊下である。

その廊下を、僕とシャケはシャケボールを追いかけて行ったり来たりしているのである。

myuandshake.hatenablog.com

f:id:ttyymsk2016:20171118084001j:image

続きを読む

猫と成長

シャケがなにか悪いことをしようとする時の顔を最近見ていないような気がする。

シャケはなにか悪いことをしようとする時、主にテーブルの上に並んでいる食事などを狙っている時などであるが、そんな時はなぜか黒目がちになって、ターゲットをじっと見つめているのである。そして、その黒目がちな顔のままターゲットに向けて前足をそーっと伸ばすなどしていたわけだが、気がつくと、最近シャケのそんな行動を見ていない。与えられた食事とおやつだけを食べている。うん、シャケは成長したようである。

f:id:ttyymsk2016:20171111101028j:image

続きを読む

猫と美

ミュウやシャケは美しいなあと思う。

胸からお腹にかけてのラインや髭の曲線に至るまで、なにをどの角度から見てもきれいである。

猫に限らず生き物をはじめとして自然は美しい。これから僕が住む福岡も紅葉の時期になるが、自然の美しさを再認識することができるだろう。

 

しかし、人工物であっても芸術品などの美しいものはたくさんあるわけで、僕などはどちらかというとそういうものに惹かれるようである。

先日、『博多ライトアップウォーク2017』というイベントに行ってきた。

数年前から開催されていたようだが、僕はまったく知らなかった。妻から行ってみようと誘われて、今回初めて出かけてみたのであるが、これこそ人工物の美ではないか、と思ったのである。

www.hakata-light.jp

 f:id:ttyymsk2016:20171105115623j:image

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村