ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク

猫と嗜好(好きな物は人と猫それぞれ)

オーダーしていたブーツが家に届いた。

僕はこのブーツの到着をとても楽しみにしていた。

どれくらい楽しみにしていたかというと、発送のメールが来てからというもの、毎日30回くらい配送状況をスマートフォンでチェックしていたほどである。だから、その日到着することはだいたい予想がついていたのだが、それが夜になっても到着しない。

”今日は無理なのかな?”、と思い、あきらめて酒を飲んでいるところに玄関のチャイムが鳴ったので、慌てて玄関に行き荷物を受け取ったのである。

 

届いたからにはすぐにそのブーツが見たい。

なので、届いた箱をいそいそと開梱していると、好奇心旺盛なミュウが、”おっ、なんすか?”、と言いながら近寄ってきて箱のにおいを嗅いだりしている。なんなら僕よりも中身が気になるほどの勢いである。

そこで僕が、”これは食べ物ではない。”、と言うのだけど、”またまたぁ、食べたりしませんからちょっと見るだけ見せてくださいよー。”、などと言って人の言うことを聞かず、そばから離れず覗き込んでいる。自身の目で中身を確認するまでは納得できないようだ。

ミュウのせいで開梱作業が捗らないが、それもまたよし。

 

一方のシャケであるが、シャケは極めて臆病な性格なので、僕とミュウがおしゃべりをしながら開梱している場所から少し離れたところに座ってこちらを見ている。

ミュウもシャケも箱の中身は気になるが、ミュウは、”なにか美味しいものが出てくるのかも”、と思い、シャケは、”なにか危険なものが出てくるのかも”、思っているだけの違いである。

そうこうしているうちに開梱作業は終わり、僕は念願のブーツを手にしていた。

 

ミュウは箱の中身がブーツだとわかると、”しょーもな!”、っと言い、舌打ちしつつ離れていったが、なぜかシャケはエミューのような歩き方で近寄ってきて、ブーツのにおいを嗅ぎ始めたのである。

 f:id:ttyymsk2016:20180117161813j:image

続きを読む

猫と視野(続・猫と願い事)

シャケがリビングのテーブルの下を歩いているのをなにげなく見ていたら、テーブルの下に設置されている、ちょっとした小物類が置ける棚のようなものに頭をぶつけていた。

シャケは頭をぶつけた後、なにごともなかったようにエミューみたいな歩き方でくにゃくにゃとどこかに行ってしまったが、これが人間であれば、頭をぶつけた後、誰かに見られていなかったか周囲をキョロキョロと見まわしてみたり、もし誰かに見られていた場合、無様な照れ笑いで恥ずかしさをごまかす、などという無駄なことをしなくてはならない。かっこわるい。

 

シャケは、日頃ものすごいスピードで走り回ったりして、動体視力が凄いなぁと常々思っていたが、少なくとも頭をぶつけた時のシャケは視野が狭くなっていたのだろう。

だから、家具の一部に頭をぶつけるなどしたと思われるが、ということは、視野が広ければ頭をぶつけることもなかったということで、視野が広いということは大事なことなのかもしれない、と考えたのである。

 

 

 そんなある日、前回とは違う神社に妻と参詣に行き、おみくじを引くと吉だった。

さらに、その神社で、『パフェになりたい』と書かれた絵馬を見つけて、”これって、『パフェが食べたい』の間違いではないのか?”、などと二人でその願い事についてしばらく議論した後、コーヒーでも飲もう、ということになりミスドに入ったのである。

 f:id:ttyymsk2016:20180116164903j:image

続きを読む

猫と願い事

先日、妻と近所の神社に参詣した。

おみくじをひいてみると、吉だか末吉だったが、それはどうでもよい。

そのおみくじを境内の木の枝にくくりつけようとしている時、すでに木の枝にぶら下がっていたある絵馬が目に留まった。正確に言うと、絵馬そのものではなく、絵馬に書かれていた願い事に目が留まったのである。

そこには、『神様、助けて下さい。』と書かれていた。ただそれだけ書かれていた。

これを書いた女性(絵馬に氏名などは書かれていなかったので、実際に女性なのかはわからないが、文字の雰囲気から若い女性をイメージしたので、以降も勝手に女性ということで話を進める)の身になにが起きたのか、もしくは起きているのか、僕の想像は勝手に膨張して、この絵馬を見てからほぼ一週間が経つが、いまだにこの絵馬のことをあれこれと考えている。

f:id:ttyymsk2016:20180110111548j:image

続きを読む

猫と日常(或いは非日常)

年が明けてしまって三日も経つと、そこには日常があった。

というか、年が明ける前にも後にも日常はあったのだが、なんか独特の賑やかな雰囲気や楽しげなスケジュールに精神がクラッシュしてしまって、勝手に、俺は今非日常の住人である、などと錯乱した思想に取り憑かれ、非日常的な飲食を続けるうちにお腹の形が変わってしまっていた。

まるでミュウのよう。

f:id:ttyymsk2016:20180103170549j:image

続きを読む

猫と大晦日

2017年はミュウとシャケにとって今年はどんな一年だっただろうか。

ミュウは特に変わったこともなく、日々のんびりと過ごしていたように思うが、シャケは抜歯をするなど嫌な思いもした一年だったのではないだろうか。

まあ、二匹ともいろいろあったかもしれないが、なにはともあれ元気で年を越せるのは良きことである。うむ。

myuandshake.hatenablog.com

 f:id:ttyymsk2016:20171231105801j:imagef:id:ttyymsk2016:20171231105829j:image

続きを読む

猫と年齢

今年も暮れてきた。

それにしてもなんちゅう速さで月日は過ぎて行くのだろうか、まったく。

月日が過ぎて行くということはどういうことかというと、歳をとる、ということである。

ミュウなどは以前からあんまり変わっていないように見えるが、よく見てみると確実に年齢を重ねていて、ちょっと高いところには登ることができないし、髭のあたりもビジュアル的に年齢を感じさせるようになってきた。

それは僕も同様で、先日も酔っ払って転倒し、お口まわり玉ねぎ隊の一員になったことからも体力の低下は明らかで、そんなことからも自分の年齢というものを再認識させられていたのである。

その時の傷も徐々に癒えてきたが、”俺も歳をとったなぁ、体力が落ちたなあ”、という気持ちが強く残って、世の中のメリクリとかなんとかの喧騒を横目に見ながら、沢田研二の『時の過ぎゆくままに』を口ずさみながら自転車通勤などをしていたのだった。

myuandshake.hatenablog.com

 f:id:ttyymsk2016:20171227104724j:image

続きを読む

猫とお口まわり玉ねぎ隊

シャケは口のまわりに模様があり、それがなんともいい味なのだが、あの模様がある猫のことを『お口まわり玉ねぎ隊』という。

Googleで『お口まわり玉ねぎ隊』と検索すると、インスタグラムやツイッターで『お口まわり玉ねぎ隊』とハッシュタグが付けられた写真がたくさんヒットする。

世の中にはシャケによく似た猫がいるものである。

中には、”これはどう見てもシャケでしょ?”と思ってしまうような猫もいて、シャケのような猫が世の中にたくさんいると思うとちょっと嬉しい気持ちになる。

f:id:ttyymsk2016:20171220181107j:image

続きを読む

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村