読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュウとシャケのぬくぬく日記

仲良く喧嘩するミュウとシャケの日記

スポンサードリンク 期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

シャケの甘えっぷり

シャケはミュウとは対照的にかなり用心深い性格である。

myuandshake.hatenablog.com

僕が帰宅して玄関を開けてもすぐには近寄って来ない。遠くから、誰が入ってきたのかを確認している。

f:id:ttyymsk2016:20170202231723j:image

 玄関から入ってきたのが誰であるか、シャケは遠くから見ている。僕もそんなシャケを見る。シャケは僕を認識したようで、椅子からぴょんと飛び降り、ゆっくりこちらに近づいてくる。もう完全に僕だとわかっている。シャケの表情が少し変わる。そんなシャケの表情の変化が僕は好きだ。

 

僕はシャケに留守番のご褒美としておやつを食べさせる。

シャケがおやつを食べているあいだ、僕はソファに座ったりしてのんびりしているが、おやつを食べ終えたシャケは、僕の足元にきて僕の顔をじっと見上げたり、膝に乗ってきたりする。遊んでくれと言っているのだ。かわいいやつだ。

そこで僕はしばらくシャケボールで一緒に遊ぶ。

myuandshake.hatenablog.com

最近はシャケのジャンプ力の向上がめざましく、ジャンプした後、空中で壁を蹴り身体の方向を変える、なんて技も会得している。

僕もそれを見て、”おお〜、シャケすご〜い!”などと言っている。まあ、なんだかんだ僕も楽しんでいるわけである。

そしてそんな遊びにも飽きると、シャケは僕の膝の上で眠る。僕にべったりである。

”かわいい”、僕はつぶやく。そして心が穏やかになるのを感じる。

 

そんなことをしていると、娘が帰宅する。

するとシャケは、なんの躊躇もなく僕からぴょーんと離れ、娘のところに行き、ベタベタくっつきだす。僕の時とは明らかに違う甘えっぷりである。片時も離れない。

 

”かわいくねえ〜”、僕はつぶやく。そして、少し心がざわつくのであった。

プロフィール
id:ttyymsk2016 id:ttyymsk2016

我が家の愛猫、ミュウ(立耳スコティッシュフォールド)とシャケ(ミックス)の日記

にほんブログ村
ほしい物リスト
参加グループ

スポンサードリンク
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村